2010年10月11日

FXのメリット

 FXのメリットはたくさんありますが、一番大きなメリットは、「小さな金額で始められること」が最大のメリットです。これは、預けられたお金を「証拠金」として扱って、それを証券会社が担保とすることで、大きな金額の取引を行なう権利を得ることができるというFXの仕組みによるメリットです。
 実際の取引では、売買の損得のみを決済します。失敗した分の損が、預け入れたお金の範囲内であれば、元手が少なくても大きな取引をすることが可能です。例えば、5万円を預けて、100万円の取引を行なえる状態にすることを、「レバレッジ20倍」を言います。

 これは、預けた金額の何倍まで取引可能なのかという数字です。これは証券会社によってまちまちですが、大体は101日あたりで値動きが2円以上あるような日はほとんどありません。この場合、外貨預金だと手数料だけで損してしまう可能性があります。これに関しても、FXであれば一般的に1ドルあたり5銭前後の手数料なので、手数料で損をする可能性は低くなります。このリスクの違いは、倍から30倍程度あります。FXは、本当に手数料が安いです。
 外貨預金の場合は、「仲値」と言われる、その日の朝10時のレートで取引が行なわれます。この時に、ドルを買うなら仲値にプラス1円、売る場合は仲値からマイナス1円の金額で決済されます。往復するとなんと2ドルの手数料です。取引をすればするほど、この差は大きくなります。
posted by タッキー at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
カテゴリ
日記(7)
最近の記事
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。