2010年10月11日

差金決済とは

FXの取引では、差金決済という言葉が出てきます。この差金決済とはなんの取引なんでしょうか?外貨預金の場合は、1万ドルを購入しようとすると、1ドル120円の場合なら、120万円が必要になります。しかし、FXの場合は、証拠金として5万円程度預けておくと、1万ドルの取引が可能になります。これは、FXというものが「売りと買いの差額(差金)しか決済しない」という特徴があるからです。
例えば、5万円を預けて、100万円分の信用取引口座を用意してもらい、それで5000ドルを購入したとします。(1ドル120円だと、60万円分購入したことになります。)このようにドルを購入することを「ドル円で、5000ドルの買いポジションを持つ」と言います。(「ドル円」でというのは、通貨の組合せのことです。買いポジションというのは、「買っている状態」ということです。1万ドルを現金で持っているわけではないのでこのような表現になります。)
5000ドルの買いポジションの状態のときに、1ドルが122円になったとします。するとどうなるでしょうか?5000ドル×122円=61万円になります。これにより、持っている資産(買いポジション)が、ドル円の変動によって、「61万円−60万円=1万円」となり、1万円の利益を生んだことになります。
この時点で買いポジションを解除した場合は、この1万円が振り込まれるということなります。
posted by タッキー at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
カテゴリ
日記(7)
最近の記事
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。